独自の価値を発見&口コミ大旋風セミナー IN 宜野湾 2017/4/12

終了しました。

独自の価値を発信して、口コミを起こす。

末次です。このたび、名古屋から坪井秀樹さんを沖縄にお招きして、『独自の価値を発信して、口コミを起こす』というテーマのセミナーを宜野湾でやります。

今年の1月下旬、JR名古屋駅構内で坪井さんと偶然会ったのがセミナー開催のきっかけです。

閉塞感が続くこれからのビジネス環境において、特に小さな会社やお店にとって最も必要なのは、各社・各店舗における「独自の価値」を明確に認識し、その価値を魅力的に伝えることです。

より経済は「つながり」になっていき、関係性が消費の動機になっていく。
その関係性を構築するには「遊び心」が大切になる。
SNSも進化し、Facebook、Twitter、Instagramでのコミュニケーションが複雑化して、単に情報を発信しているだけでは見てもらえない時代になる。

・独自の価値を発信
・関係性の構築を意図
・口コミの重要性

そんな視点が大事になる・・・

(2017.2.21 沖縄エクスマセミナーから引用)

わたしも音響担当として、このセミナーに参加させていただき、まったくその通りだと思い、「独自の価値を発信」「関係性の構築を意図」「口コミの重要性」そんな視点が大事になると、100%共感しました。

音響を担当した2.21セミナー

坪井さんには、自身の廃業~株式上場に至るまでの様々な体験・経験と、成功・失敗の具体事例を通し、「独自の価値を発信」の視点で、その考え方と実践法を楽しくお伝えしていただきます。

【坪井秀樹 講演内容】

1.独自の価値の見つけ方
独自の価値のヒントはあなたの過去にある。
独自の価値を未来に繋げる。

2.独自の価値の伝え方
編集力・シナリオ・伝える力
「誰に・何を伝え・どう行動して欲しいのか」
誰でもできて、すぐできて、コストがかからない方法

3.独自の価値の売り上げ方
売り物と稼ぐ物

そして、わたしも「口コミの重要性」という視点から、沖縄で実践して成果が出始めている「口コミ伝染の力」について、紹介します。

坪井さんとわたしは、陰と陽(わたしが陰です)、全くタイプの違う二人ですが、ここ数年、東京、沖縄、新潟と各地で一緒にコラボセミナーをやるような関係性を構築しています。

2016年7月22日新潟で実施したセミナーの様子

ということで、今回は参加者のみなさんが独自の価値を確実に発見できるように、坪井さんを質問攻めにする時間も確保し、バシバシ切り込んでいきたいと思います。

さぁ、あなたもセミナーに参加して、独自の価値を発見し、口コミが起こるメカニズムを知って、関係性の構築を意図する視点を持ちましょう!

日時
2017年4月12日(水) 13:00~18:00頃
※セミナー後、希望者を募り懇親会を予定しています。

会場:宜野湾ベイサイド情報センター 2F  プレゼンテーションルーム
沖縄県宜野湾市字地泊558-18
Tel.098-942-8415
http://www.gbic.jp/space/
※敷地内の駐車場スペースに限りがあります。満車の際は有料駐車場をご利用ください。

参加費:10,000円(税込)/人
※お支払いは事前振込となります。お申し込み後、振込先をお知らせいたします。

定員:30名位(先着順です、定員に達したら締め切ります)

★セミナーだけじゃ物足りないという人向けのプログラムも用意しました。

【講師プロフィール】
坪井秀樹(つぼいひでき)
TOSBOISTUDIO 代表取締役無職
1965年6月11日生51才。
傘屋の3代目として生まれ、高校時代まで名古屋駅西商店街で育つ。東京の大学に進学するも、雑貨・靴の小売アルバイトから学生プロレス、ファッションに明け暮れる。大学卒業後、当時の大手アパレルメーカー(株)ワールドに入社。家業を継ぐ為、5年で退社。家業の坪井商店では、単年4000万の赤字を、5年で2500万の黒字にひっくり返すも、時代の波に押され10年後に廃業。路頭に迷いそうになる中、エクスマと出会ったことがきっかけで、リサイクルショップ買取王国を立ち上げ、エクスマ思考の浸透と実践を続け、約10年間で愛知・三重・岐阜県に30店舗を展開。売上50億円・経常利益4億5千万円の実績を出し、2013年2月14日に株式上場。と、思いきや突然の退社。現在、全国での講演・セミナー、及び業績アップコンサルタントとして活動中。人生コンセプトは「わくわく・ドキドキ・大発見!」

主催
北谷メディア有限会社


The following two tabs change content below.
末次哉春洋
ホームページやブログで書けない話を毎日メルマガでキラーパス。 沖縄を拠点にゆるく活動するマーケッター。広告会社を経営しているのに、「広告宣伝は、2年で終わりにしましょう」と言う。